> > 栃木県で下水汚泥を利用したバイオマス発電スタート FIT認定は全国初

栃木県で下水汚泥を利用したバイオマス発電スタート FIT認定は全国初

記事を保存

栃木県は、鬼怒川上流流域下水道 県央浄化センター(河内郡上三川町)において、処理工程で発生する消化ガスによる発電事業を2月1日より開始する。発電期間は20年間、事業終了は平成47年1月末を予定。

今回の発電開始により、同センターの維持管理費の削減や下水処理における環境負荷の低減を図る。なお、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用した下水処理場における新設の消化ガス発電として経済産業大臣の設備認定を取得したのは、今回が全国で初めて。

同センターで発生する消化ガス(メタン等:年間130万立方メートル)については、大部分が利用されずに燃焼処理されていた。この消化ガスを有効利用するため、県では平成24年度から消化ガス発電事業に着手し、整備を進めてきた。

【参考】
栃木県 - 鬼怒川上流流域下水道 県央浄化センター消化ガス発電開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.