> > 宮崎県で5.7MWの木質バイオマス発電プラントが稼働 未利用材を100%使用

宮崎県で5.7MWの木質バイオマス発電プラントが稼働 未利用材を100%使用

記事を保存
宮崎県で5.7MWの木質バイオマス発電プラントが稼働 未利用材を100%使用

住友重機械工業(東京都)は、同社がグリーンバイオマスファクトリー(宮崎県/GBF)の宮崎・都濃発電所に納入した小型循環流動層(CFB)ボイラによるバイオマス発電設備の稼働を開始したと発表した。

本設備は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく木質バイオマス発電設備としては、小型CFBボイラによるバイオマス発電設備の納入実績として3号機にあたる。産業用自家発電向けを中心に納入実績のある「住友-フォスターウイラ型CFBボイラ」の特徴を継承しながら、モジュール設計、ブロック工法の導入により、納期短縮と高効率を特徴とした最新型。発電端出力は5,750kW。ボイラ最大連続蒸発量は毎時25トン。主蒸気圧力は5.4MPag(メガパスカルゲージ)。主蒸気温度は453度。

今回納入したボイラは、山林未利用材100%の木質バイオマスを燃料にしており、地元の木質バイオマス資源を有効活用することで、林業関係者・輸送関係者はもとより地元地域への経済寄与に大きく貢献するもの。CO2発生量を低減させることもでき、地球環境にも貢献する。

また、本ボイラは、低品位炭、また住宅解体等に伴い発生する建築廃材や間伐材等の林地残材に代表される木質バイオマスなど、従来では高効率、安定燃焼が困難であった燃料に対応できる特徴もあり、資源の有効活用を目的としたさらなる高効率や燃料特性に適応した設備の進化を目指す。

GBFは、宮崎県内を中心とした山林未利用材を原料とした木質チップを燃料として使用するバイオマス発電を行い、発電した電気を電気事業者に売電する事業を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.