> > 九州の太陽光発電 認定件数が頭打ちの中、どんどん稼働し160MW増

九州の太陽光発電 認定件数が頭打ちの中、どんどん稼働し160MW増

記事を保存
九州の太陽光発電 認定件数が頭打ちの中、どんどん稼働し160MW増

九州経済産業局は、平成26年11月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況・認定状況を取りまとめ発表した。

九州において運転を開始した太陽光発電の出力は、前月に比べ16万kWの増加となった。これにより、平成24年7月の固定価格買取制度(FIT)の開始から11月末までに新たに運転を開始した太陽光発電の出力は317万kWに達した。

これは同期間に運転を開始した全国の太陽光発電の21.8%を、九州の再エネの99%を占める。

太陽光発電の累積の運転開始出力は403万kWに達し、FIT開始前の累積の運転開始出力86万kWに比べ、4.7倍となった。

特にメガソーラー(太陽光発電1,000kW以上)は、11月末に467カ所で、出力約98万kW(九州の再生可能エネルギーの31%)が稼働。全国のメガソーラーのうち26%を占め、関東に次ぐ規模となる。

再エネ全体でみると、FITの開始から平成26年11月末までに、九州において新たに運転を開始した設備出力は321万kWとなり、累積では629万kWに達した。これは、FIT開始前の累積の設備出力308万kWに比べ2倍となる。

その他概要は以下の通り。

太陽光発電の認定設備出力は1,782万kWに

平成26年11月末の九州における再エネ発電の認定設備出力は、前月から6万kW増の1,834万kWとなった。全国7,349万kWの25%を占めている。

そのうち、太陽光発電は1,782万kW(九州の再エネの97%)となり、特にメガソーラーは885万kW(九州の再生可能エネルギーの48%)に達し、全国のメガソーラーのうち24%を占める。

件数でみると、九州の認定設備件数は30万件で、関東の52万件に次ぐものとなっている。

なお、九州では、平成26年11月末に、認定設備のうち13万件、18%(321万kW)が運転開始している。

設備認定出力トップは鹿児島県

県別に11月までの設備認定出力をみると、トップは鹿児島県で416万kW、次いで熊本県、宮崎県となっている。

一方、11月までに新たに運転を開始した再エネ発電設備の出力を都道府県別でみると福岡県がもっとも多い。九州の他県も上位に位置する。また、各県とも平成25年度に運転を開始した発電設備出力は、平成24年度を大きく上回っている。

市町村別にみると、新たに運転を開始した再エネ発電設備出力は大分市がもっとも多く、大規模メガソーラーが存在する市町村が上位に入っている。太陽光発電の運転開始状況については、北九州市、熊本市、大分市、宮崎市、鹿児島市が上位に入っている。また、太陽光発電以外の設備については、それぞれポテンシャルが高い地域において設備導入が進んでいる。

昨年9月24日、九州電力は、太陽光・風力発電の接続契約申込み量が全て接続された場合、需給バランスがくずれる恐れがあるとして、九州本土における再エネ発電設備に対する既存および新規の接続回答を数ヶ月間保留することを発表した。これを受けて、再エネの導入拡大に向けた、新たな出力制御ルールなどを盛り込んだ新しい制度が1月26日に施行された。

九州電力によると、九州本土における平成26年11月末の太陽光発電の接続申込量(1,322万kW)。太陽光発電の接続可能量(817万kW)をすでに上回っていることから、同社はFITに基づく、指定電気事業者に指定された。

【参考】
九州経済産業局 - 九州における再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況および認定状況

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.