> > 「純水素型」燃料電池を動物園に導入 発電時にできた温水はゾウのシャワーに

「純水素型」燃料電池を動物園に導入 発電時にできた温水はゾウのシャワーに

 印刷 記事を保存

東芝燃料電池システム(神奈川県横浜市)は、9日、岩谷産業(東京都港区)などと共同で、次世代型の純水素型燃料電池を山口県周南市内の徳山動物園と周南市地方卸売市場に設置し、21日から実証試験を順次開始すると発表した。

本システムを設置する2施設では、水素によって発電した電気を、施設の照明や空調などに利用し、発電の際に作られた温水は、動物や野菜の洗浄用シャワーなどに利用する予定。

(※全文:718文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.