> > ゼファーの新型小形風力発電、国産パワコンを搭載 FITで導入しやすく

ゼファーの新型小形風力発電、国産パワコンを搭載 FITで導入しやすく

記事を保存
ゼファーの新型小形風力発電、国産パワコンを搭載 FITで導入しやすく

ゼファー(東京都港区)は、固定価格買取制度(FIT)に対応した小形風力発電システム「Zephyr9000 for J-FIT」をモデルチェンジし、2月25日より販売を開始した。国産パワーコンディショナ(PCS)を搭載しFITで導入しやすいシステムとして拡販を図る。

小形風力発電メーカーのゼファーは、小形風力発電のFITにおける適用機種として、これまで国内認証第一号機種である「Airdolphin」、同第二号機種「Zephyr9000」を市場に投入してきた。しかし、買取対象となった設備導入件数は10件未満となっており、導入が進んでこなかった。同社は、その大きな理由の一つとして、小形の風力発電機に使用するPCSをあげる。

そこで、新・Zephyr9000 for J-FITでは、電気用品安全法等を基にしたJET規格対象製品である太陽光発電のPCSと同一のハードを有する小形風力発電機用のPCS「Enewell-WIN」を搭載。PCSは耐重塩害の屋外仕様を標準装備とした。同時に風力発電機Zephyr9000の本体や周辺機器を改良。加えて、昨年から取り組んできた本製品システムによる一部電力会社との個別連系協議の承諾を得て、今回の販売開始に至った。

また、オプションで発電量表示モニターが装備できるほか、風速や風向が計測可能な機器の導入を予定している。

新システムの風力発電機本体は、白色ボディーを標準とする。風車仕様は、風車タイプが水平軸プロペラ式、ローター直径5.5m、定格出力4.9kW、基準出力4.5kW、基準年間発電量8,809kWh、騒音53dB、風車(SWT)クラスClassⅡ。

パワーコンディショナ仕様は、定格出力5.8kW、効率96%以上(DC280V入力時)、設置環境は屋外(耐重塩害)仕様。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.