> > デルタ電子の遠隔出力制御機能付きパワコン、JET認証を取得

デルタ電子の遠隔出力制御機能付きパワコン、JET認証を取得

記事を保存
デルタ電子の遠隔出力制御機能付きパワコン、JET認証を取得

デルタ電子(東京都港区)は、遠隔制御(出力抑制)機能を搭載した太陽光発電パワーコンディショナ(PCS)「RPI Hシリーズ」がすべてJET認証を取得したと発表した。

同シリーズは、96%の高変換効率を実現し、塩害地域に対応、複数台連系・FRT(JEMA新基準)に対応したPCS。4kW、4.5kW、5.5kW、6kWの4モデル(いずれも単相)をラインナップし、1月26日に施行された経済産業省による新たな出力抑制ルールに対応した同機能を搭載している。なお、JET認証対象外の三相PCS「RPI Mシリーズ」は、すでに出力制御の機能が備わっている。JET認証は、太陽電池モジュールの性能・安全性に関する第三者認証。

同社のPCSは、高効率・マルチストリング・軽量コンパクト・静音・屋外重塩害地域対応などの基本設計に加えて、手動復帰や力率一定制御などの機能を備え、住宅、低圧小規模、ミドルソーラーからメガソーラーまで幅広く対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.