北海道のメガソーラー、大型蓄電池を導入し出力制御回避 韓国SKグループ製

  • 印刷
  • 共有

エッジ・エナソル・ジャパン (東京都港区)は、北海道電力管内の特別高圧メガソーラー発電所(北海道帯広市)に大型蓄電システムを導入する、北海道電力との技術協議を完了したと発表した。同発電所は、2016年12月に稼働開始予定。

設置する予定の大型蓄電システムは、韓国SKイノベーション社製の40フィートコンテナ型蓄電システムだ。定格出力は3.3MW、容量は4.4MWh。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報