> > 北海道のメガソーラー、大型蓄電池を導入し出力制御回避 韓国SKグループ製

北海道のメガソーラー、大型蓄電池を導入し出力制御回避 韓国SKグループ製

記事を保存

エッジ・エナソル・ジャパン (東京都港区)は、北海道電力管内の特別高圧メガソーラー発電所(北海道帯広市)に大型蓄電システムを導入する、北海道電力との技術協議を完了したと発表した。同発電所は、2016年12月に稼働開始予定。

設置する予定の大型蓄電システムは、韓国SKイノベーション社製の40フィートコンテナ型蓄電システムだ。定格出力は3.3MW、容量は4.4MWh。

太陽光発電システムの急拡大に伴い、各電力会社は、新規のメガソーラー案件に関しては出力制御や新規接続を保留するなどの対策を迫られている。一方、問題となっているのが系統に流れ込む一時的な電力量の増加であるため、この一時的に増える電力量の平均化が可能な蓄電システムを設置することで、出力制御や接続申請の保留を回避できることが知られている。

エッジ・エナソル・ジャパンは、再生可能エネルギーの市場調査や蓄電システムの導入支援を行うコンサルティング会社。SKイノベーションは大型蓄電システムの日本での展開に積極的で、同社とは日本でのマーケティングのための独占契約を締結した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.