> > 東京都小平市、太陽光発電・エネファームに補助金 住宅も事業所も対象

東京都小平市、太陽光発電・エネファームに補助金 住宅も事業所も対象

記事を保存

東京都小平市は、Web版小平市環境家計簿「楽しく省エネ!ECOダイラーくらし宣言」に参加することを条件に、太陽光発電システム燃料電池(エネファーム)を設置した個人・法人・その他団体などに対して、設置費用の一部を助成する。

太陽光発電システム

要件

  • 太陽電池の最大出力合計が1kW以上10kW未満のもの
  • 電気安全環境研究所(JET)の太陽電池モジュール認証を受けたもの、または、それに準じた性能を持つもの

※増設分については助成の対象外(過去に助成を受けていない人は対象)

助成金額

  • 戸別住宅
    出力1kWあたり4万円(上限12万円)
  • 共同住宅・事業所
    出力1kWあたり4万円(上限15万円)

予算額・予定件数

1,875万円・155件

燃料電池(エネファーム)

  • 燃料電池コージェネレーションであるもの
  • 発電能力が定格出力0.5kWから1.5kWであるもの
  • 貯湯ユニットの容量が50リットル以上で燃料電池ユニット部の排熱を蓄えられるもの
  • 総合効率がLHV(低位発電量)基準で80%以上のもの

助成金額

1機器あたり2万5千円

予算額・予定件数

250万円・100件

助成対象者

助成対象機器(新品)を設置した、次のいずれかに該当する者であること。

  1. 居住する市内の戸建住宅に設置し、発電した電力を自ら使用する方
  2. 所有している市内の賃貸共同住宅に設置し、発電した電力を共用部分で使用する個人または法人その他の団体
  3. 管理する市内の共同住宅に設置し、発電した電力を共用部分で使用する管理組合の代表者
  4. 市内に事業所などを有し、当該事業所などに機器を設置した個人または法人その他の団体

受付期間は2016年3月31日まで。予算総額に達した時点で受付終了。なお、2015年度より機器設置前から機器設置後申請に変更になった。前年度と変更点があるため、必ず募集要項を読んでから申請すること。

小平市環境家計簿は、家庭での二酸化炭素排出量を簡単に計算・表示ができるサイト。毎月の電気、ガス、水道などの使用量を入力するとCO2の排出量が計算され、グラフなどが表示される。

【参考】
小平市 - 平成27年度 新エネルギー機器設置モニター助成の募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.