> > 太陽光発電・蓄電池を1台のパワコンで処理 田淵電機の住宅用蓄電システム

太陽光発電・蓄電池を1台のパワコンで処理 田淵電機の住宅用蓄電システム

記事を保存
太陽光発電・蓄電池を1台のパワコンで処理 田淵電機の住宅用蓄電システム

田淵電機(大阪府大阪市)は、7月1日より、国内の住宅用太陽光発電に向けに、蓄電池対応パワーコンディショナーと専用蓄電池ユニットをセットにした「ハイブリッド蓄電システムEIBS(アイビス)」の受注を開始する。

本製品は、通常、太陽光発電と蓄電装置とのそれぞれに必要となるパワーコンディショナーを、同社のマルチストリング技術により1台のパワーコンディショナーに集約したもの。太陽光発電と蓄電池とは直流のままつながっており、交流に交換することなく蓄電池に充電できるため変換ロスが少なく、電気を有効に活用することができる。

本製品により、万一の停電時には蓄電池から電力供給を行い、テレビや冷蔵庫をなど接続した機器を一定時間使用することができるほか、平常時も、割安な深夜料金を契約している場合は、ピークシフト運転により電気代を抑えることが可能。

「ハイブリッド蓄電システムEIBS(アイビス)」の主な特徴

  • 大容量9.89kWhの蓄電池搭載で、停電時も長時間にわたり家電製品を使用できる。同社に試算によると、満充電の状態から照明器具、冷蔵庫、テレビ、通信機器を使用した場合は3日程度、使用できる(機器や気象条件により使用可能時間は変化する)。
  • 同社独自の逆潮流制御機能により、蓄電池電力の系統逆潮流(電力会社の電力系統に電気を流すこと)は行わない
  • 家庭負荷が放電量を下回る時は蓄電池放電を止めるため、固定買取価格制度のダブル発電が適用されず余剰単価が下がらない。
  • 停電発生時には自動的に自立運転を開始し、重要負荷への電力供給を行う。
  • 家庭のインターネット回線をリモコンにつなぐことで、同社の遠隔監視見守りサービス「Ene Telus-cloud(エネテラスクラウド)」を使用することができる(別途申し込みが必要)。
  • 太陽光の電力を充電しながら同時に家庭内負荷に電力供給を、また太陽光と蓄電池の電力を併せて家庭内電力に供給するなど、電気を有効に使うことができる。
  • 出力制御にも対応。
  • JET複数直流入システム(多数台)認証基準に適合(申請中)。
  • 昼間の充電電力(黄部分)が放電電力(青部分)として夜間の消費電力を補填し電力の平準化を行うことにより、電気の有効活用に貢献できる

    昼間の充電電力(黄部分)が放電電力(青部分)として夜間の消費電力を補填し電力の平準化を行うことにより、電気の有効活用に貢献できる。

    システム概要

    1. 蓄電池対応ハイブリッドパワーコンディショナ

    太陽光発電用ストリング3基と蓄電池充放電用ストリング1基を搭載した系統連系型・屋外設置のハイブリッド型のパワーコンディショナ。住宅設置に最適な5.5kW出力品。

    2. 専用蓄電池ユニット

    国内メーカー製リチウムイオン電池を採用し9.89kWhと大容量ながらコンパクトな屋内型ユニット。

    国内メーカー製リチウムイオン電池を採用し9.89kWhと大容量ながらコンパクトな屋内型ユニット。

    北米市場では5月より受注開始

    本製品は、北米の安全規格(UL・CSA)を本年4月に取得しており、5月より北米市場向けの受注を開始した。北米にて太陽光発電の導入率の高い地域では、日没後に商用電力需要が高まるため、蓄電池併用による緩和が求められている。ネットゼロエネルギーのニーズも一層高まっており、これらの市場に本製品を投入する。同社では米国の住宅において、日常生活における売電・買電および蓄電・放電のデータを集約し、将来的なネットゼロエネルギーの実現に向けた有用性も検証している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.