> > 愛知県庁で移動式水素ステーションが10日から営業開始 水素1kgで1200円

愛知県庁で移動式水素ステーションが10日から営業開始 水素1kgで1200円

記事を保存
愛知県庁で移動式水素ステーションが10日から営業開始 水素1kgで1200円

愛知県は9月10日、移動式水素ステーションの設置・運用が可能な「愛知県庁水素社会普及啓発ゾーン」(県庁西庁舎駐車場内)における移動式水素ステーションの運用を開始する。

水素の供給には、移動式水素ステーション(25トントラックの車両)にカードル(水素ガス容器を束ねた集合容器)を併設した「岩谷産業製移動式水素ステーション」を使用する予定。充填時間はFCV1台あたり約3分。充填圧力は70MPa。通常FCV約5~6台に充填可能。水素料金は1kg当たり1,200円(税込)。決済方法はクレジットカードのみ。

運用日時は毎週月曜日(13時~17時)・金曜日(10時~16時)(祝日・年末年始を除く)。ただし、当面は月曜日のみ運用。運用に関しては、日本移動式水素ステーションサービス(東京都港区)が協力する。

なお、9月10日に同ゾーンで運用開始の式典を開催し、県公用車FCVへの水素充填を実施する。

同ゾーンでは、FCVや水素ステーションの普及拡大に向けて、民間事業者による移動式水素ステーションを活用したFCVへの充填、展示・説明、FCV(県公用車)の展示・説明など県民に対して水素社会に関する普及啓発を実施している。

日本移動式水素ステーションサービスは、燃料電池自動車向け水素供給事業を手がけており、愛知県内3カ所(県庁、東区葵、稲沢市)、東京都内2カ所(千代田区、大田区)で移動式水素ステーションを運用している。

【参考】
愛知県 - 愛知県庁移動式水素ステーションの運用開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.