> > 世界最大級の超電導フライホイール蓄電池が完成 再エネ電力安定化の実証へ

世界最大級の超電導フライホイール蓄電池が完成 再エネ電力安定化の実証へ

 印刷 記事を保存

鉄道総合技術研究所などは、エネルギーの地産地消の実現に向け、再生可能エネルギーの導入を進めている山梨県において、世界最大級の次世代フライホイール蓄電システムと大規模太陽光発電を組み合わせた系統連系試験を開始する。

鉄道総合技術研究所、クボテック、古河電気工業、ミラプロおよび山梨県は3日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」プロジェクトにおいて、世界最大級の次世代フライホイール蓄電システムの実証施設を山梨県の米倉山に完成させたと発表した。本蓄電システムの出力は300kW、蓄電容量100kWh。

(※全文:1,146文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.