> > 4~5億円もする水素ステーション 建設コスト半減をめざす新研究テーマ7件

4~5億円もする水素ステーション 建設コスト半減をめざす新研究テーマ7件

 印刷 記事を保存

NEDOは、2020年以降の燃料電池車(FCV)と水素供給インフラの本格普及に向け、水素ステーションの設置・運用における規制の見直しやコストの削減を目指し、新たな研究開発に着手する。

2013年度から取り組んでいる「水素利用技術研究開発事業」に係る公募を実施し、液化水素ポンプ設置に係るデータの取得や新方式の複合圧力容器蓄圧器の技術開発など、新たに7件のテーマを採択した。事業期間は2017年度までの3年間を予定しており、現在4~5億円とされている水素ステーションの建設コストを今後半減し、水素ステーションのさらなる普及拡大を図る。

設置基準等の規制見直し項目を閣議決定

今年6月には内閣府の規制改革会議の答申を受けて、「液化水素ポンプの設置基準」や「水素スタンド用蓄圧器へのフープラップ式複合圧力容器の使用」等の規制見直し項目が新たに閣議決定された。この見直しによって、水素ステーションの設置・運用コストの低減が進み、普及の促進が期待される。このような背景のもと、NEDOは本事業において、新たな研究開発に取り組む。

今回採択した、主な研究開発内容は下記の通り。

(※全文:1,695文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.