> > 隠岐諸島でハイブリッド蓄電池システムの実証事業 再エネの導入拡大に貢献

隠岐諸島でハイブリッド蓄電池システムの実証事業 再エネの導入拡大に貢献

記事を保存

中国電力は、隠岐諸島における再生可能エネルギーの更なる導入拡大を図るため、2014年11月より島根県隠岐郡西ノ島町においてハイブリッド蓄電池システムの設置工事に取り組み、9月30日に実証事業を開始した。

電力系統制御用のハイブリッド蓄電池システムの活用は国内初の先進的な取り組みであり、同社は、今後3年間で再エネ導入拡大における技術的課題の解決に向けた実証事業に取り組む。

ハイブリッド蓄電池システムの概要

設置場所

西ノ島変電所(島根県隠岐郡西ノ島町美田尻)

設置された設備

  • NAS(ナトリウム・硫黄)電池、出力は4,200kW、容量は1時間あたり25,200kW
  • リチウムイオン電池、出力は2,000kW、容量は1時間あたり700kW
  • エネルギー・マネジメント・システム(EMS)一式 、ほか

今回設置した蓄電池は、最大で25,900kWh(一般家庭の1日の使用量の約2,600軒分)の電気を貯めることができる。

なお、設置工事期間は、2014年11月~2015年9月であった。実証試験は2015年9月~2018年9月までの予定。実証終了後も、設備は継続利用される。総工事費は約25億円。

実証による4つの効果

同実証事業によって、(1)隠岐諸島の電力供給安定性の向上、(2)地球環境負荷の低減、(3)地域の活性化、(4)蓄電池技術の他地域での活用、等の効果が期待されている。

本土と送電線がつながっていない隠岐諸島では、再エネ設備および蓄電池を新たに設置することで、隠岐諸島内の電力の供給安定性を向上させることができ、また、再エネの導入拡大によりディーゼル発電の発電量が軽減され、地球温暖化の原因となるCO2の排出が削減される。

加えて、同実証事業は、日本初の先進的な取り組みであるため、視察による隠岐諸島への来島者の増加が期待される。また、同実証事業で得られたノウハウは蓄積され、ディーゼル発電で電力供給している隠岐諸島と同規模の、国内外の離島での活用に期待されている。

【参考】
中国電力 - 隠岐諸島におけるハイブリッド蓄電池システム実証事業の開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.