> > 住友電工の大型レドックスフロー電池、米国の安全認証規格を取得

住友電工の大型レドックスフロー電池、米国の安全認証規格を取得

記事を保存
住友電工の大型レドックスフロー電池、米国の安全認証規格を取得

第三者試験認証機関であるUL Japan(三重県)は、住友電気工業(大阪府)のレドックスフロー電池が、据置型大型蓄電池の安全規格であるUL1973認証を取得したと発表した。同電池のUL1973認証を取得したのは、住友電工が世界初となる。

この電池は、電力会社や企業のバックアップ電源として工場や商業施設で利用されており、また太陽光発電風力発電など、再生可能エネルギーの電力安定化向けにも活用が進んでいる。また、主要部品に可燃性の材料を使用しておらず、安全かつ安定的な蓄電が可能で、充電残量もモニターできる。このような特長から、災害時非常用電力、周波数調整、余剰電力対策などの用途が期待される。

据置型大型蓄電池の安全規格については、国際電気標準会議(IEC)での審議が予定されており、これに先駆けてULは、拡大する大型蓄電池市場のニーズに応えるため、据置型大型蓄電池の安全規格としてUL1973を2013年に発行した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.