> > 「接続可能量」、名称が誤解を招くため変更へ 新名称「30日等出力制御枠」

「接続可能量」、名称が誤解を招くため変更へ 新名称「30日等出力制御枠」

 印刷 記事を保存

経済産業省は9日に開催した系統ワーキンググループ(第6回)において、太陽光発電風力発電の「接続可能量」の算定方法と今後の取扱い等について検討した。

この中で、同省は、「接続可能量」の名称を見直す考えを示した。2つの概念に分けて、毎年度算定するものは「○○年度算定値」、固定価格買取制度(FIT)において、電力会社が30日、360時間(太陽光)、720時間(風力)の出力制御の上限を超えて出力制御を行わなければ追加的に受入不可能となる時の接続量を「30日等出力制御枠」とする。

また、今回の系統ワーキンググループ(WG)では、新たに風力発電の「接続可能量(30日等出力制御枠)」を設定する方針も提示した。

需要の変化や電源構成の変化等による、「接続可能量」の見直しの考え方についても盛り込んだ。接続申込量が「30日等出力制御枠」に未達の場合には、「接続可能量(各年度算定値)」を踏まえて、「30日等出力制御枠」を繰り上げる。一方、接続申込量が「30日等出力制御枠」を既に超過をしている場合は、見直しをせず全体の出力制御量の緩和に活用するというものだ。

同省が提示した資料の概要は以下のとおり。

(※全文:2,753文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.