> > 太陽光発電パネル・蓄電池を制御できるパワコン NEDOがカナダで実証スタート

太陽光発電パネル・蓄電池を制御できるパワコン NEDOがカナダで実証スタート

記事を保存
太陽光発電パネル・蓄電池を制御できるパワコン NEDOがカナダで実証スタート

NEDOと田淵電機は、カナダのオンタリオ州オシャワ市で初となるスマートコミュニティ実証事業において、11月20日(現地時間)、太陽光発電パネル蓄電池併用のパワーコンディショナを家庭に設置し、実証運転を開始したと発表した。

オシャワ市では、凍害等により年間を通じて200回を超える停電が発生しており、安定的な電力供給が大きな課題となっている。本事業は、この課題を解決するソリューションとして、NEDOと田淵電機が、オシャワ市とオシャワ電力(OPUC)と協力して実施しているもの。

太陽光発電パネルと蓄電池を1台で制御可能なハイブリッドパワーコンディショナ(インバータシステム)を同市内の30戸の家庭に設置し、2016年度末まで、停電時における非常用電源としての活用と系統安定化を検証する。

具体的には、停電など非常時に各家庭の自立性を高めるとともに、電力会社による系統への遠隔出力制御を行うことでより高度な系統安定化を実現するシステムの実証事業を実施するものである。

本事業を通じて、再生可能エネルギーと共存した災害に強い住宅モデルを確立し、さらに世界の他地域への展開を狙ったビジネスモデルの構築を目指す。

実証事業の概要

本システムは、1つの蓄電インバータで太陽電池と蓄電池の両方を制御可能で、蓄電池から系統への逆潮流を防ぐ制御機能も備えた日本独自の技術である。今後、2015年度内に全30戸に対してシステム設置を完了させ、2016年度末までの約1年間検証を実施する。検証内容は、実証システムの性能評価およびビジネス性の評価を行う。

実証システムの性能評価では、太陽電池の出力、蓄電池の充放電状態、各家庭の消費電力を測定し検証することで、オシャワ市における最適な太陽電池容量や蓄電池容量を見極める。また、停電時における非常用電源としての利用および深夜電力を蓄電池に充電し、日中に放電利用するピークシフトを考慮した、蓄電池の充放電制御等の最適なシステム運転方法の確立を図る。

一方、ビジネス性の評価では、個々に設置するシステムは各家庭の所有物としてではなく、電力会社のネットワークの一部として電力会社が一括購入し各家庭へリースすることで、各家庭および電力会社の双方にとってメリットのあるビジネスモデルの確立を図る。

NEDOと田淵電機は、7月17日に、オシャワ市およびOPUCと、本事業に関する基本協定書(MOU)を締結した。以降、本システムを設置して実証を行う家庭を募集してきたところ、200件を超える応募があるなど、本事業は現地において非常に関心が高いものとなっている。

【参考】
NEDO - 太陽光パネル・蓄電池併用インバータシステムの実証運転を開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.