> > 東京都約83,000世帯分の電力を供給する「京浜バイオマス発電所」、竣工式

東京都約83,000世帯分の電力を供給する「京浜バイオマス発電所」、竣工式

記事を保存
東京都約83,000世帯分の電力を供給する「京浜バイオマス発電所」、竣工式

昭和シェル石油(東京都港区)は今回、2015年11月2日から運転が開始されている国内最大級のバイオマス専焼発電所、「京浜バイオマス発電所」の竣工式を執り行った。

「京浜バイオマス発電所」は木質ペレットパーム椰子殻(PKS)を燃料とするバイオマス専焼発電所。敷地面積は約42,000平方メートル、発電出力は49,000KW。年間発電量は約30万MW時と推算される。これは一般家庭約83,000世帯の消費電力に相当する。運営者は昭和シェル石油100%出資の子会社京浜バイオマスパワー。

京浜バイオマス発電所 全景

京浜バイオマス発電所 全景

同発電所は2011年に閉鎖した昭和シェル石油グループ製油所の東亜石油京浜製油所扇町工場跡地に建設された。港湾設備など燃料受け入れインフラが整っており、後背地が大消費地首都圏であることから24時間発電が可能。そのため安定的に電力を供給することができる。

なお、同発電所の竣工式は2015年12月9日(水)に執り行われた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.