> > 東電、群馬県・栃木県で系統連系の入札へ 新ルール適用で入札単価ダウン

東電、群馬県・栃木県で系統連系の入札へ 新ルール適用で入札単価ダウン

 印刷 記事を保存

東京電力は、群馬県西部エリアと栃木県北部・中部エリアにおいて、効率的な設備形成を目的に、2016年1月から太陽光発電風力発電などの系統連系を希望する事業者を募集する。

同社は、資源エネルギー庁が発表した「発電設備の設置に伴う電力系統の増強及び事業者の費用負担等の在り方に関する指針」に基づき、2015年4月に「電源接続案件募集プロセス」を定めた。今回の入札で、対象エリア内での送電鉄塔の工事費などの負担金の一部を、電力系統連系を希望する発電設備設置者に共同負担してもらう。

「新費用負担ルール」でkWあたりの入札単価が安くなった

2014年7月にも、東京電力は群馬県北部で同様の入札を実施し、系統連系したい発電事業者を募っている。この時の送電線「上越幹線」の送電容量対策工事で増加する容量は約31万kWであった。しかし当時はまだ資源エネルギー庁の指針がなく、電力系統の増強費用の大部分を系統連系したい発電事業者側が負担しており、2つに分けられた群馬県北部エリアのうち「エリアⅠ」は最低入札価格が13,500円/kW、「エリアⅡ」は最低入札価格が1,000円/kWだった。

一方、新たに示された「指針」により、発電事業者などが負担する費用(特定費用)だけでなく、電力会社側が負担する費用(一般費用)が定められたため、今回募集する群馬県西部エリアの最低入札価格は920円/kW、栃木県北部・中部エリアの最低入札価格は140円/kWだ。総工事費を発電事業者が全負担する旧ルールなら、それぞれの最低入札価格は群馬県西部エリアが3,260円/kW、栃木県北部・中部エリアが4,890円/kW。

各エリアでの募集条件は下記の通り。

(※全文:1,682文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.