> > 太陽光発電所の収益を最大化させるO&Mとは? 事業者向け無料セミナー開催

太陽光発電所の収益を最大化させるO&Mとは? 事業者向け無料セミナー開催

記事を保存

環境ビジネスオンラインを運営する日本ビジネス出版は、「太陽光発電所の収益を最大化させる3つの視点」をテーマに、太陽光発電事業者を対象としたセミナーを3月8日に東京のほか全国3会場で開催する。参加費は無料。

本セミナーでは、ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)弁護士で、太陽光発電など再生可能エネルギー関連の法的実務案件を多く受け持っている江口直明氏、太陽光発電所等の安定稼動を見守るO&M(保守・管理)サービスを提供するオムロン フィールドエンジニアリングを講師に迎えて、「発電ロスを防ぐには?」「維持管理のポイントは?」「O&Mの選び方は?」など、太陽光発電事業者の疑問・不安にすべて応える。

また、経済産業省による固定価格買取制度(FIT)2016年度の動向等についての説明も予定されている。

太陽光発電所のO&Mをめぐる課題

固定価格買取制度(FIT)が5年目を迎えようとしている現在、多くの太陽光発電所が稼働している。一方で、太陽光発電所の「運営」に関しては、維持管理のための取り組みを特段必要としない「メンテナンスフリー」「ノーメンテ」と認識されているケースもまだ非常に多い。

そのような中で、災害による太陽光発電所の事故や、発電所で機器不具合に気づかずに発電ロスを数ヵ月間起こしていた、といった事例も報告されており、20年間安定的に運用されるためには、維持管理が必要だという認識も広まりつつある。

さらに、「O&M(保守点検・運転管理)」の重要性との言葉も聞かれるようになったが、「本当に必要なO&Mは何か?」「O&Mシステムを導入したが、実際に不具合が起きた際に充分なサービスではなかった」という声も聞かれる。

そこで、本セミナーでは、改めて、太陽光発電事業者に向けて、太陽光発電所をどう維持・管理していくのが良いか、について解説する。

開催概要

日程

午前の部:3月8日(火)10:00~12:00

午後の部:3月8日(火)14:00~16:00

会場

東京会場:宣伝会議 本社 セミナールーム(港区南青山3-11-13 8F)

サテライト会場(東京会場から同時中継):

  • 日本ビジネス出版 中部本部(愛知県名古屋市東区東桜1-13-3)
  • 日本ビジネス出版 関西本部(大阪市北区堂島2-1-31)
  • 日本ビジネス出版 九州本部(福岡市中央区天神2-14-8)

※サテライト会場では、ネットワーク会議システムにて同時中継になる。

対象者

  • 太陽光発電事業者で、運営・保守・管理に不安、疑問のある方/20年以上の長期間、安定的に運用したい方/発電量を維持・向上させたい方
  • 設備認定を受けており、これから太陽光発電を開始する方
  • これから太陽光発電所の設備認定を受けようとしている方

プログラム

(1)主催者挨拶

環境ビジネス編集長 白田 範史

(2)固定価格買取制度2016年目の動向と、FIT法改正の方向性

講師:経済産業省・資源エネルギー庁 新エネルギー対策課(予定)

概要:

  • 固定価格買取制度2016年度の買取価格と変更ポイント
  • FIT法改正の時期と方向性

(3)視点1:資産価値向上から見た発電所の注意点とは?

講師:ベーカー&マッケンジー法律事務所 江口 直明氏

概要:

  • 資産としての太陽光発電所の価値を上げるということ
  • 法的側面から見た価値向上のポイント

(4)視点2:太陽光発電所の維持管理の基本と必要性とは?

講師:オムロン フィールドエンジニアリング

  • 太陽光発電所に維持管理は必要か?
  • 最低限度必要な維持管理とは?
  • 維持管理をしないとこうなる。失敗した発電所ケーススタディ

(5)視点3:自社発電所と目的にあったO&Mの選び方とは?

講師:オムロン フィールドエンジニアリング株式会社

会費

無料

定員

東京会場70名、各会場20名

申込み方法等

環境ビジネスウェブサイトから申し込む。

※申込締め切りは2月23日(火)。応募者多数の場合は抽選となる。抽選結果は2月29日(月)までに連絡する。

主催

日本ビジネス出版

共催・後援

オムロン フィールドエンジニアリング株式会社

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.