> > 清水建設×産総研 BEMS制御で太陽光発電・水素貯蔵するシステムの研究開始

清水建設×産総研 BEMS制御で太陽光発電・水素貯蔵するシステムの研究開始

記事を保存
清水建設×産総研 BEMS制御で太陽光発電・水素貯蔵するシステムの研究開始

清水建設(東京都中央区)は2月29日、産業技術総合研究所(東京都千代田区)と共同で、スマートBEMS制御の建物付帯型水素エネルギー利用システムの研究開発に着手したと発表した。

同システムは、施設内で使用する太陽光発電などの再生可能エネルギーの余剰電力で、水を電気分解して水素に代替し、効率よく貯蔵し、必要に応じて水素を放出させて酸素との化学反応により放出・発電するもの。

水素貯蔵については、同研究所が知見を蓄積してきた水素吸蔵合金をベースに、合金材料や配合比の最適化を図り、貯蔵手段を確立する。最大で体積の1千倍の水素を吸蔵するという合金の特性を最大限利用し、水素をガスボンベに高圧貯蔵するより、コンパクトで安全に水素を貯蔵する。これは2016年秋までに、同開発の拠点となる同研究所の福島再生可能エネルギー研究所内に実証システムが構築され、2018年3月まで実証運転が行われる。

その後、実証運転で得た各種データをフィードバックし、同社が開発したBEMSスマートにより、再生可能エネルギーの発電状況と建物の電力・熱需要を勘案して、水素の製造、貯蔵、放出等を統合的に最適制御する技術を確立する予定だ。

完成した同システムは、2020年までに建物や街区への導入を目指す。共同研究期間は2年間で、研究費用は約2億5千万円が投じられる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.