> > 香川県、水素ステーションの設置事業者を募集 最大3000万円補助

香川県、水素ステーションの設置事業者を募集 最大3000万円補助

記事を保存

香川県では、燃料電池自動車(FCV)の普及促進を目的とし実施される「香川県水素供給設備整備事業費補助金」事業において、同県内に水素供給設備を整備する事業者を4月25日(月)まで募集している。

募集対象

県内に事務所または事業所を設置する法人(国および、地方公共団体は除く)で、同県が実施する水素供給設備の利用状況等に関する調査に協力できる事業者。かつ、同県が実施するFCVおよび水素エネルギーの普及啓発に関する事業に協力することが条件だ。

補助対象設備

商用を目的とする水素供給設備であって、下記の要件のすべてを満たすもの。

  • 県内に設置される設備であること。なお、移動式の場合は、主に県内のみで運用されるものであること。
  • 適正な方法で70MPaの燃料電池自動車に5kg(約56Nm3)の水素を3分程度で供給可能な能力をもつ設備であること。
  • FCVへの平均的な水素充填能力が100Nm3/h以上のものであること。
  • 補助対象経費

    採択事業者が行う補助対象設備の整備事業を実施するために必要な設備機器費、設計費、設置工事費、工事負担金、経費・管理費など。

    補助額

    補助対象経費の3/1で、3,000万円が上限。


    香川県は、この補助事業においては、「環境負荷の少ない燃料電池自動車の普及促進を図り、地球環境温暖化対策に寄与する」、「香川県の中枢拠点機能を確保する」ことを目的としている。

    【参考】
    香川県 - 香川県水素供給設備整備事業費補助金募集開始について

    関連セミナー・イベント情報

    関連カテゴリ

    プレスリリースを受け付けております

    環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

    新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

    こちらから、必要事項をご記入ください

    Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.