> > スマートハウス向けの太陽光発電・蓄電池に無金利ローン

スマートハウス向けの太陽光発電・蓄電池に無金利ローン

記事を保存
スマートハウス向けの太陽光発電・蓄電池に無金利ローン

日本エコシステム(東京都港区)は、太陽電池メーカーのソーラーフロンティアと開発提携し、太陽光発電システムなどを導入する個人・法人に、「無金利オリジナルソーラーローン」の提供を7月12日から開始した。このサービスは、ソーラーフロンティアの製品を9月末まで購入した者が対象。

同社によると、太陽光発電システムや付随する蓄電池などの施工を含むシステム一式を一般的なソーラーローンで購入する場合、通常実質年率は2.15%程度である。オリジナルソーラーローンでは、個人・法人が利用するソーラーローンの金利手数料を、支払期間10年(120回払い)まで、日本エコシステムが全額負担するもの。また、支払期間が11~15年(121~180回払い)の場合は1.5%、16年~18年(181回~216回)は1.7%と、一般のソーラーローンより低金利で利用できる。

太陽光発電に蓄電池、HEMSをセットすると350万円程度に

昨今の住宅用太陽光発電システム市場では、太陽光発電システムだけではなく関連機器である太陽光発電システム連携型蓄電池やHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)機器とセットで導入し、自宅をスマートハウス(省エネ住宅)化する顧客が増えている。

しかし、セット購入の合計金額は一般的に350万円程度と高額となり、一括支払いのハードルが高いためローンを活用する顧客は多い。今回のオリジナルソーラーローンにより、顧客の負担を軽減することで家庭の省エネルギー化、スマートハウス化を支援する。

オリジナルソーラーローンを利用すると、例えば、現金販売価格350万円(税込)では、支払期間10年(120回払い)の場合、総額で約40万円安く、支払期間15年(180回払い)の場合、総額で約19万円安くなると試算している。


日本エコシステムは、日本最大手の情報通信建設会社である日本コムシスのグループ会社。太陽光発電システムや蓄電システムなど省エネ関連商品を、全国9拠点で展開する太陽光発電の販売・施工会社で、太陽光発電システムは累計37,000棟以上の実績がある。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカーで、独自のCIS薄膜太陽電池の生産・販売を手掛ける。同社のCIS薄膜太陽電池モジュールは、シリコン系と比較して、実際の設置環境下において高い実発電量を実現している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.