> > レアメタルを使わない、高性能な燃料電池の材料 芝浦工大が新開発

レアメタルを使わない、高性能な燃料電池の材料 芝浦工大が新開発

記事を保存

芝浦工業大学は3日、レアメタルを使わず常温環境下で合成でき、白金触媒の性能に迫る炭素複合材料を新開発したと発表した。今後、次世代燃料電池の正電極触媒として使用することで、エネファームのような家庭用燃料電池や電気自動車車の低コスト化が進み、低炭素社会への一助となることが期待される。

今回、同大材料工学科の石崎貴裕准教授は、溶液中でプラズマを発生させる「ソリューションプラズマ処理」を用いて、2つのカーボン素材「窒素含有カーボン(NCNP)」と「カーボンナノファイバー(CNF)」を複合化させ、両者の利点を併せ持つ炭素複合材料「NCNP-CNFコンポジット材料」の創製に成功した(特許出願中)。

※全文:1397文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.