> > 兵庫県神戸市、間伐材をバイオマス資源として活用する事業者を募集

兵庫県神戸市、間伐材をバイオマス資源として活用する事業者を募集

記事を保存

兵庫県神戸市は8月16日、森林資源を将来的にも生かすため、市内の伐採材を木質バイオマス資源として活用する事業の業務委託者を募集すると発表した。

この事業は市が保有する山林において、温暖化対策機能の向上のための明るい森づくりのアクションプランを策定し、市内他地域への波及を検討するもの。また、市内の森林整備によって発生する木材を、薪や木質チップなどの木質バイオマスエネルギーとして活用するスキームも検討する。

対象となる山林は神戸市北区山田町小河地区にある「小河山林」。面積はおよそ180haの山林だ。

※全文:1405文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.