> > 膨大な地下水の熱エネルギー利用実験 目指すは冷暖房コストを35%省エネ

膨大な地下水の熱エネルギー利用実験 目指すは冷暖房コストを35%省エネ

記事を保存

大阪市は、10月から、JR大阪駅の北側にある「うめきた2期区域」(JR梅田貨物駅跡地)において、地下水を多く含む地層(帯水層)から熱エネルギーを採り出して、建物の冷房・暖房を効率的に行う、帯水層蓄熱利用の実証事業を開始する。

帯水層蓄熱利用は、再生可能エネルギーのひとつである地中熱利用の一種で、この技術は、省エネルギー、CO2排出削減、ヒートアイランド現象の緩和策として期待されている。

大阪市域は地上には熱需要の高い事業所が集中し、一方で地下の浅層には豊かな地下水が存在していることから、帯水層蓄熱は地域特性に即した未利用エネルギーであると考える。市内の帯水層蓄熱利用ポテンシャル量は、2,800万ギガジュール/年であり、これは、市内の年間エネルギー消費量の約15%に相当するという。

(※全文:1680文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.