> > 福島県、風力発電向け補助金の2次公募スタート 可能性調査や連系協議を支援

福島県、風力発電向け補助金の2次公募スタート 可能性調査や連系協議を支援

記事を保存

福島県は、風力発電を行う計画のある事業者や県内の市町村に対し、事業可能性調査費用や電力会社との系統連系協議にかかる費用の一部を補助する事業で、第2回目の公募を開始した。

応募対象者

次の要件をすべて満たす法人、その他の団体および、県内の市町村

  • 再生可能エネルギーの発電による具体的な事業計画を有していること
  • 事業可能性調査の調査結果を県に提供し、県が第三者に提供することを認めること

補助対象事業と補助対象経費

風力発電(おおよそ設備容量2,000kW以上のものに限る)の事業化に先立って行われる事業可能性調査。対象となる経費は下記の通り。

  1. 事業可能性調査に必要な機器・設備の借用および外部施設等の利用に係る経費
  2. 調査・分析・報告等に係る委託費
  3. 電力会社に対する系統連系協議の申請費用、その他の経費
  4. その他協議により認められた経費

なお、環境影響評価のための調査は補助対象外。

補助率

補助対象経費の1/2以内で、上限は500万円(1ヶ所あたり)

応募期間

10月21日(金)まで。なお、 審査は応募書類の到着順に随時実施し、予算(2,000万円)の範囲内で補助金が交付される。

応募する場合には、同県のホームページに提出書類のチェックリストが公開されているので、活用したい。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.