> > お手本になるような木質バイオマス発電に出資 環境省のグリーンファンド

お手本になるような木質バイオマス発電に出資 環境省のグリーンファンド

環境省は28日、グリーンファンドについて、執行団体のグリーンファイナンス推進機構が、洸陽電機が計画する宮崎県の木質バイオマス(ガス化)発電事業に3.9億円、またシャープが申請した福島県の太陽光発電事業に1億円の出資を決定したと発表した。

グリーンファンド(地域低炭素投資促進ファンド)では、低炭素社会の創出と地域活性化に貢献するプロジェクトに投資・支援している。今回も、機構の参画が両プロジェクトへの民間資金の呼び水となることや、地域活性化効果やCO2の排出の抑制・削減へ寄与することなどを踏まえて出資を決定した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.