> > 首都圏9自治体「水素ステーション・燃料電池バスの補助金続けてほしい」

首都圏9自治体「水素ステーション・燃料電池バスの補助金続けてほしい」

 印刷 記事を保存

東京都や神奈川県など九都県市は11月14日、水素社会の実現に向け、水素ステーションの設置・運営にかかわる財政支援や燃料電池バスの普及促進支援の継続など、国に対して要望書を提出した。

この要望書では、「水素ステーション設置・運営に係る補助制度の継続・運用の緩和」「水素ステーションに係る規制緩和の更なる推進」「燃料電池バスの普及促進支援」「燃料電池の用途拡大」の4つの事項を国に対して求めている。

概要は以下の通り。

(※全文:1302文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.