> > かつて太陽電池を製造していたホンダ、水素ステーションの実証実験に使うのは

かつて太陽電池を製造していたホンダ、水素ステーションの実証実験に使うのは

記事を保存

ソーラーフロンティアは9日、ホンダが10月24日より開始した、太陽光エネルギー由来の水素を製造する、充填圧力70MPa(メガパスカル)の小型水素ステーション(東京都江東区)の実証実験に、合計20kWのCIS薄膜太陽電池を提供したと発表した。

CIS薄膜太陽電池によって発電された電力は、高圧水素ガスの製造・供給するためにホンダが独自に開発した高圧水電解システム「Power Creator」の動力源となる役割を担う。ソーラーフロンティアが燃料電池車に関する事業に製品を提供するのは今回が初めて。

「Power Creator」は、従来の水素ステーションで主流だった化石燃料から水素を抽出するシステムと異なり、太陽光をはじめとする再生可能エネルギー、地産地消エネルギーで発電した電力と水だけを用いて短時間で低炭素な高圧水素ガスを製造・供給することを可能にした。

(※全文:1231文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.