> > フライホイール×蓄電池、風力発電の電力を安定化 米国のマイクログリッド

フライホイール×蓄電池、風力発電の電力を安定化 米国のマイクログリッド

 印刷 記事を保存
フライホイール×蓄電池、風力発電の電力を安定化 米国のマイクログリッド

重電メーカーのABB(スイス・チューリッヒ)は3月13日、米国アラスカ州アンカレッジにおける風力発電など再生可能エネルギーのプロジェクトに、蓄電池とフライホイールを組み合わせたマイクログリッドシステム「PowerStore」を供給することを発表した

このプロジェクトは、革新的なエネルギー貯蔵技術により、アンカレッジの4キロ沖のファイヤー島にある17MWの洋上風力発電などによる再生可能エネルギーを、より多く電力系統で活用できる技術の確立を目指しているものだ。

今回のプロジェクトでは、フライホイールを短周期で変動する風力発電の電力を安定させ、蓄電池は長周期の電力安定・蓄電に使われる。蓄電池の容量は500kWh、最大出力2MW。

プロジェクトは米国アラスカ州アンカレッジを拠点とする代表的な電力会社、Chugach Electric Association, Inc.が主導している。同社はこのシステムにより、アンカレッジの住民30万人への電力安定供給の大幅な改善をめざす。

フライホイールを組み合わせた蓄電システム

「フライホイール蓄電システム」とは、装置の内部にある大型の円盤(フライホイール)を回転させることで電力を運動エネルギーとして貯蔵し、必要に応じて回転力を再び電力に変換する蓄電システム。

蓄電技術として用途は幅広く、太陽光や風力等の不安定な発電システムと組み合わせて電力系統を安定化させるといった用途や、電気鉄道の回生失効対策などにも応用できる。

今回のプロジェクトで採用されたABBのモジュラー型マイクログリッドソリューション「PowerStore」は、このフライホイールと蓄電池という二つのエネルギー貯蔵技術それぞれの長所を活かしている。

同システムは、最先端のマイクログリッドプラスコントロールシステムにより、システムを監視し最適なエネルギー貯蔵バランスを確保するだけでなく、遠隔監視機能やリモートメンテナンス機能も搭載している。

「PowerStore」はコンテナなどに格納し設置できる

「PowerStore」はコンテナなどに格納し設置できる

ABBパワーグリッド事業本部、グリッドオートメーション事業ユニットの責任者、マッシモ・ダニエリ氏は、同社のサイトのなかで「本マイクログリッドは、ハイブリッド蓄電ソリューションを用いて電力供給の安定性を高める。再生可能エネルギーの安定的な導入促進は、エネルギー革命の鍵であり、我々のネクストレベル戦略の重点分野」と述べている。

そしてChugach Electric Association, Inc.の電力供給のシニアバイスプレジデント、ポール・リッセ氏は、同サイトのなかで「この革新的なソリューションは、エネルギー貯蔵技術がアラスカにおける再生可能エネルギーの導入をいかに後押しし、その普及率を飛躍的に伸ばせるかを物語っている。これはまた、レイルベルト地域およびより小規模のアラスカコミュニティのいたるところにおいて広範囲に再生可能エネルギーが導入できることを示唆している」と語っている。

スイスの多国籍企業ABB、日本法人も

ABB(Asea Brown Boveri:アセア・ブラウン・ボベリ)は、スイス・チューリッヒに本社を置く重電メーカー。マイクログリッド分野では、世界約40カ所において、遠隔コミュニティ、離島、分散型電源および工業団地などさまざまな用途に供したシステムが稼働している。

なお、同社は東京都品川区に日本法人ABBジャパンをもち、日本国内でも電力やオートメーションに関する事業を、製造・販売・サービスの各分野で展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.