> > フライホイール×蓄電池、風力発電の電力を安定化 米国のマイクログリッド

フライホイール×蓄電池、風力発電の電力を安定化 米国のマイクログリッド

 印刷 記事を保存

重電メーカーのABB(スイス・チューリッヒ)は3月13日、米国アラスカ州アンカレッジにおける風力発電など再生可能エネルギーのプロジェクトに、蓄電池とフライホイールを組み合わせたマイクログリッドシステム「PowerStore」を供給することを発表した

このプロジェクトは、革新的なエネルギー貯蔵技術により、アンカレッジの4キロ沖のファイヤー島にある17MWの洋上風力発電などによる再生可能エネルギーを、より多く電力系統で活用できる技術の確立を目指しているものだ。

プロジェクトは米国アラスカ州アンカレッジを拠点とする代表的な電力会社、Chugach Electric Association, Inc.が主導している。同社はこのシステムにより、アンカレッジの住民30万人への電力安定供給の大幅な改善をめざす。

(※全文:1380文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.