> > 愛知県半田市に5万kWの木質バイオマス発電所 約半分はPKS使用

愛知県半田市に5万kWの木質バイオマス発電所 約半分はPKS使用

 印刷 記事を保存
愛知県半田市に5万kWの木質バイオマス発電所 約半分はPKS使用

シーエナジー(愛知県名古屋市)は3月30日、地球環境にやさしい再生可能エネルギー開発を目的に、木質リサイクルチップとパーム椰子殻を燃料としたバイオマス発電事業に、フルハシEPO(愛知県名古屋市)とともに参画することを発表した。

今回の発電事業は、出力5万kWのバイオマス発電所を愛知県半田市に建設する計画で、2017年10月に建設工事に着工し、運転開始は2019年10月の予定。

燃料となる建設廃材等由来の木質リサイクルチップの使用量は約15万トン/年、パーム椰子殻の使用量は約13万トン/年を見込んでいる。発電所の想定年間発電量は約3.7億kWh(一般家庭約11万9千世帯分に相当)で、CO2削減効果は年間約15万トンと試算されている。

同社は、地球温暖化対策をはじめとした環境保全への取り組みを重要な経営課題のひとつと位置づけており、再生可能エネルギー開発を目的に、着工に先立ちフルハシEPOと特別目的会社「CEPO半田バイオマス発電株式会社」(愛知県半田市)を2017年4月27日に設立する予定だ。出資比率は、シーエナジーが90%、フルハシEPOが10%である。

使用する燃料

シーエナジーは、中部電力グループで、エネルギー利用に関するコンサルティングやユーティリティのアウトソーシングを行う総合エネルギーサービス企業である。主な事業内容は、LNG販売、電力小売販売事業、新エネルギー事業などだ。

また、フルハシEPOは、木質リサイクル事業などを手がける会社で、木材建設廃材等から木質廃棄物からリサイクルチップを生産。石油代替のバイオマスエネルギーとして有効活用し「木質の100%リサイクル」を達成している。同社の年間の木質リサイクル取り扱い量は約50万トンで、ナゴヤドーム2杯分に相当する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.