> > HIS、宮城県に41,100kWのバイオマス発電所を建設 燃料はパーム油

HIS、宮城県に41,100kWのバイオマス発電所を建設 燃料はパーム油

 印刷 記事を保存

エイチ・アイ・エス(東京都新宿区)は4月14日、子会社のH.I.S.SUPER電力(東京都新宿区/以下HIS電力)が、宮城県角田市に出力41,100kWのパーム油を燃料としたバイオマス発電所を建設すると発表した。売電開始予定は2019年7月。

発電した電力は、固定価格買取制度を活用して、電力会社に販売する。

発電所の規模は、敷地面積は20,160平米、設備出力は41,100kW、想定年間発電量は約35万MWh。投資金額は約90億円。これから発電所用地の造成、発電所の基本設計などに入る。

再エネ発電は「社会的価値が大きく、収益も確保できる」

HIS電力は、再生可能なエネルギーを利用しての発電・電力供給事情が、社会的価値が大きく、収益も確保できる事業であると判断し事業に着手した。

同社は、安定した燃料等の確保にはじまり、事業化に適した発電所建設用地の取得、自社発電所による発電、電力供給による収益確保にいたるまで、他社との連携をも織り込みながら、発電事業の推進を図る目的で、2017年3月22日に設立された。

出資者は、エイチ・アイ・エスが66%、ハウステンボス(長崎県佐世保市)34%。資本金は5000万円。

現在、再生可能エネルギー比率は、欧州では既に40%に届く国もあるが、日本では10%程度となっており、2030年の導入水準を24%と定めている。エイチ・アイ・エスは、このような背景のもと、発電事業を検討していた。

なお、事業による2017年10月期通期連結業績に与える影響については現在精査中だが、来期以降は収益増に貢献する予定と説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.