> > 高知県、小形風力発電事業の導入調査に補助金 補助率は50%

高知県、小形風力発電事業の導入調査に補助金 補助率は50%

 印刷 記事を保存

高知県は4月20日、適地への小形風力発電導入を促進するため、小形風力発電(出力20kW未満)事業を行おうとする事業者に対し、事業化に向けた可能性調査等にかかわる費用を補助することを発表した。

この事業は、平成29年度の小形風力発電事業化促進事業費補助金によるもので、同県内で小形風力発電の事業化の検討を進める事業者等を対象として、風況調査や事業計画の策定などにかかわる費用を補助するもの。

補助金の交付の対象となる事業は、出力20kW未満の小形風力発電の具体的な事業の実施を目的として行う可能性調査・風況調査等の各種調査業務及び事業計画の策定など事業化を判断するために必要な事業。

また、自然環境や地域の生活環境への配慮方策についても必ず検討すべきとしている。

補助事業者の要件は、同県内に本店又は主たる事業所を置く事業者。同県内に支店又は営業所等を置き、同県内の従業員数が10名以上の県外事業者であることなど。

補助対象経費は、計測機器等の設置等にかかわる機器・設備費、委託費、外部専門家受入経費、事務費。補助率は対象となる事業経費の1/2以内。ただし1,000円未満は切り捨てとなる。本年度の予算額は300万円。

募集期間は、5月22日まで。2次募集も6月中旬から7月中旬に予定されている。

なお、この補助金は、高知県新エネルギービジョンの実現に向け、新エネルギーの導入を促進し、地域経済に生かすことを目的としている。申請書類、申込先などは同県のホームページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.