> > 電気・作物を「W全量買い取り」するソーラーシェアリング事業

電気・作物を「W全量買い取り」するソーラーシェアリング事業

 印刷 記事を保存

スマートブルー(静岡県静岡市)は4月18日、農業と発電事業を両立するソーラーシェアリングとして、収穫した作物と発電した電気の両方を全量買い取る「W全量買取事業」を開始したと発表した。

同社は本事業を開始するにあたり、MOVIMAS(東京都新宿区)と提携し、ソーラーシェアリングにおける営農センシングと再生可能エネルギーに対応したIoT技術を導入した。これは国内初という。

また、トータルプランナー(愛知県名古屋市)とは、営農者には市場での希少価値の高い種苗を無償提供し、収穫後に全量を買い取るスキームの包括業務提携を締結した。

(※全文:1218文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.