> > 生協のネットワークで各家庭に「水素」を配達 宮城県で実証スタート

生協のネットワークで各家庭に「水素」を配達 宮城県で実証スタート

 印刷 記事を保存

日立製作所(東京都千代田区)、丸紅(東京都中央区)、みやぎ生活協同組合(宮城県仙台市)と宮城県富谷市は8月4日、太陽光発電により製造した水素を、水素吸蔵合金や既存物流網を活用して輸送し、地域の店舗・家庭に設置する定置用燃料電池に供給して利用する、サプライチェーン構築に向けた実証を開始すると発表した。

この実証は、環境省の「平成29年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択されたもので、2017年8月から実証を行い、成果を2019年度までにまとめる予定。

既存の物流の活用で低炭素・低コストに輸送

今回採択された実証では、太陽光発電システムで発電した電力を水素に変換させ、エネルギーとして水素を貯蔵し、富谷市内にあるみやぎ生協組合員の家庭、みやぎ生協店舗と児童クラブに水素エネルギーの供給を行う。

(※全文:1409文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.