> > TDK、電気自動車向けの新製品開発を田淵電機に委託 世界の市場読む

TDK、電気自動車向けの新製品開発を田淵電機に委託 世界の市場読む

 印刷 記事を保存

TDK(東京都港区)は10月27日、電気自動車(EV)ハイブリッド自動車(HV)向け電源機器事業の強化のため、各種パワーコンディショナを扱う田淵電機(大阪府大阪市)に対し、開発業務の一部委託を行うことで合意したと発表した。

両社は、2007年から資本業務提携をしており、今回の一部開発業務の委託はその一環となる。

TDKにとっての一部開発業務委託の目的は、世界的な自動車の燃費規制(CO2排出規制)の厳格化に伴い、需要の伸びが期待されるEVやHVに必要不可欠な「DC-DCコンバータ」や「車載用充電器」などの電源製品の新製品開発のスピードアップとそれによる一層の売上拡大を図ることだ。

そこで新製品開発のスピートアップ実現のため、多年にわたって太陽光発電システムで培ったパワーエレクトロニクスの技術とノウハウをもつ田淵電機への委託を行うこととなった。

(※全文:1035文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.