> > トヨタ、米国に巨大な燃料電池発電所 廃棄物から水素・電気・水を生成

トヨタ、米国に巨大な燃料電池発電所 廃棄物から水素・電気・水を生成

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は、米国カリフォルニア州ロングビーチ港に、2.35MWの発電が可能な燃料電池(FC)発電所「Tri-Gen(トライジェン)」を建設すると発表した。2018年より建設を開始し、2020年頃の稼働開始を予定している。

Tri-Genでは、同州の畜産場の家畜排せつ物や汚泥などの廃棄物バイオマスから水素を取り出し、「溶融炭酸塩型燃料電池(※)」を用いて発電を行うことで、燃料電池発電で排出される水も含め、再生可能エネルギーから水素・電気・水を生み出す。

電気・水はトヨタの物流拠点で、水素はFCトラックなどに

Tri-Genで1日に発電する約2.35MWhの電力量は、米国の一般家庭約2,350世帯分の日当たりエネルギー消費量に相当し、製造する水素約1.2トンは燃料電池自動車およそ1,500台の日当たり平均走行距離に必要な充填量に相当する。

(※全文:1458文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.