> > 東北電力、電気自動車の充電器でVPP構築実証 再エネの需給バランス調整

東北電力、電気自動車の充電器でVPP構築実証 再エネの需給バランス調整

東北電力(宮城県仙台市)は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業「平成30年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」の「V2G アグリゲーター事業」に申請を行い、5月29日に採択されたと発表した。

同事業は、将来的に普及拡大が見込まれている電気自動車(EV)蓄電池を活用し、蓄電池を電力系統に接続して充放電する技術(V2G:Vehicle to Grid)の構築に向けた課題などについて検証を行うもの。

具体的には、再生可能エネルギーのさらなる有効活用に向け、V2Gの電力需給バランス調整機能としての実現可能性や、新たなビジネスモデルの構築に向けた検証などを行う。

EVの充放電スタンドの可能性性などを検証

実証(検証)の内容は下記の通り。

(※全文:1390文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.