> > 東京電力などもV2G実証 電気自動車の利用ニーズも踏まえてVPP構築

東京電力などもV2G実証 電気自動車の利用ニーズも踏まえてVPP構築

東京電力ホールディングス(東京電力HD/東京都千代田区)など7社は、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)蓄電池機能を活用し、電力系統の間で双方向の電力需給調整を行うV2G(Vehicle to Grid)の実証を6月6日から開始した。

2018年度は、V2G事業モデルの確立に向けて、実証環境構築とV2Gにより実現できる効果を検証する。

この実証事業では、実証サイトにV2Gに対応した充放電器を導入。多数のEV・PHEVの充放電を制御するための技術要件を明確にするとともに、技術検証向けの実証試験用システムを構築し、実証を通じて電力系統安定化に向けた検討を進める。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.