> > デマンドレスポンスやVPPの最新動向がわかる 埼玉県がセミナー・交流会開催

デマンドレスポンスやVPPの最新動向がわかる 埼玉県がセミナー・交流会開催

 印刷 記事を保存

埼玉県は、ネガワット取引などのディマンドリスポンス(DR)バーチャルパワープラント(VPP)の最新動向を紹介するため、11月12日(月)に「平成30年度埼玉県環境ビジネスセミナー」を開催する。

セミナー名は「ネガワット取引から始まるスマート節電社会 ~VPP・DRの可能性~」。同セミナーでは、猛暑で注目されたネガワット取引に代表されるDRや、分散している発電設備などをIoTを活用して統合し、あたかもひとつの発電所のように利用するしくみであるVPPに関する最新動向について講演などが行われる。

なお、ネガワット取引は、電力需給がひっ迫したときに事前の契約に基づき、電力会社からの要請に応じて工場などの電力消費者が節電し対価を得る取り組みであり、2017年4月の取引市場創設などにより、今後の普及が期待されている。イベントの内容は下記の通り。

(※全文:1095文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.