> > 日本気象協会、卒FIT電力買取のコンサル開始 新電力・アグリゲータを支援

日本気象協会、卒FIT電力買取のコンサル開始 新電力・アグリゲータを支援

日本気象協会(東京都豊島区)は、固定価格買取制度(FIT制度)による太陽光発電の買取期間が終了する(卒FIT)世帯の余剰電力買取を検討しているリソースアグリゲーターなどを支援するコンサルティングサービスを2018年12月13日から本格的に開始すると発表した。

このサービスでは、リソースアグリゲーターや小売電気事業者などを対象に、余剰電力の買い取りから需給管理に至るまでのコンサルティングを実施する。これにより、卒FIT世帯の余剰電力の利用を促進し、CO2排出量削減に貢献する。今後、2019年11月までに、リソースアグリゲーターや小売電気事業者など数十社へのサービス提供を目指す。

(※全文:1934文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.