> > 日立、風力発電システム事業を強化 ドイツの風力発電機メーカーと提携拡大

日立、風力発電システム事業を強化 ドイツの風力発電機メーカーと提携拡大

日立製作所(東京都千代田区)は1月25日、再生可能エネルギー事業の強化を目的に、風力発電機をコアプロダクトとしたソリューション事業を強化するとともに、ドイツの風力発電機製造・販売会社ENERCON GmbH(エネルコン社/ニーダーザクセン州)との提携を拡大すると発表した。

風車をコアプロダクトとしたソリューション事業を強化

日立製作所は、顧客の風力発電システムを最適に制御・運用するオペレーションテクノロジー(OT)とデジタル技術を融合したサービスプラットフォーム「Lumada」を活用した風力発電の保守サービスの高度化など、風力発電事業に対して付加価値の高いサービス事業を推進している。

今後、顧客の安定経営を実現するため、予兆・予測診断システムを用いることによる風力発電システムの安定稼働の実現、保守コストの低減、設備パフォーマンスの最大化などに貢献するソリューション事業を強化する。

(※全文:1703文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.