日立、風力発電システム事業を強化 ドイツの風力発電機メーカーと提携拡大

  • 印刷
  • 共有

日立製作所(東京都千代田区)は1月25日、再生可能エネルギー事業の強化を目的に、風力発電機をコアプロダクトとしたソリューション事業を強化するとともに、ドイツの風力発電機製造・販売会社ENERCON GmbH(エネルコン社/ニーダーザクセン州)との提携を拡大すると発表した。

風力発電に関するソリューション事業を強化

日立製作所は、顧客の風力発電システムを最適に制御・運用するオペレーションテクノロジー(OT)とデジタル技術を融合したサービスプラットフォーム「Lumada」を活用した風力発電の保守サービスの高度化など、風力発電事業に対して付加価値の高いサービス事業を推進している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報