水素専焼の発電技術、開発・実証などに助成金 補助率は2/3

  • 印刷
  • 共有

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月22日まで、水素発電などの水素の用途拡大の技術確立のため、水素を燃料とした、既存燃料と同等の発電効率、耐久性、環境性(低NOx)を満たす専焼発電技術や、水素発電を組み込んだ低運用コストのエネルギーシステムの技術開発・実証への助成事業を公募する。

この公募は2019年度「水素社会構築技術開発事業/大規模水素エネルギー利用技術開発」事業のうち、「水素エネルギー利用システム開発」を対象としたもの。具体的には水素のエネルギーとしての燃料電池に次ぐ新たな需要を創出し、利用を大幅に拡大するため、水素を燃料とするガスタービンを用いた発電システムなど新たなエネルギーシステムの技術開発を行う事業について助成する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報