「低炭素水素」を認証する愛知県 CO2排出ゼロをめざす工場を認定

  • 印刷
  • 共有
取り組みの概要
こちらをクリックすると拡大します
取り組みの概要 こちらをクリックすると拡大します

豊田自動織機(愛知県刈谷市)は3月22日、同社高浜工場の再エネ水素充填所プロジェクトが愛知県から低炭素水素の取り組みとして認定されたと発表した。

同プロジェクトは、太陽光発電で製造した水素を再エネ水素充填所「H2PLAZA」から、燃料電池フォークリフトに供給するというもの。また、水の電気分解による水素製造で燃料電池フォークリフトへの水素供給が賄えない場合は、東邦ガス(愛知県名古屋市)の水素カードルで作られた水素を供給する。両者による低炭素水素製造予定量は31,000m3N/年。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事