> > 「低炭素水素」を認証する愛知県 CO2排出ゼロをめざす工場を認定

「低炭素水素」を認証する愛知県 CO2排出ゼロをめざす工場を認定

豊田自動織機(愛知県刈谷市)は3月22日、同社高浜工場の再エネ水素充填所プロジェクトが愛知県から低炭素水素の取り組みとして認定されたと発表した。

同プロジェクトは、太陽光発電で製造した水素を再エネ水素充填所「H2PLAZA」から、燃料電池フォークリフトに供給するというもの。また、水の電気分解による水素製造で燃料電池フォークリフトへの水素供給が賄えない場合は、東邦ガス(愛知県名古屋市)の水素カードルで作られた水素を供給する。両者による低炭素水素製造予定量は31,000m3N/年。

なお、同プロジェクトが認定を受けたのは、愛知県の「低炭素水素認証制度」に基づくもの。複数企業が推進する取り組みに対しては、初めての認定となる。

水素の製造・圧縮・貯蔵・充填ができる

「H2PLAZA」は、水素の製造・圧縮・貯蔵・充填の各機能を備えた施設。太陽光発電の電力で水素を製造、圧縮・蓄圧して、CO2を排出しない燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)13台に供給。一貫したCO2フリーを実現する。

(※全文:1392文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.