> > 積水化学、太陽光発電の余剰電力買い取りサービス開始 蓄電池ユーザは12円で

積水化学、太陽光発電の余剰電力買い取りサービス開始 蓄電池ユーザは12円で

積水化学工業(大阪府大阪市)は4月15日、自社住宅ブランド「セキスイハイム」に住む顧客から太陽光発電(PV)の余剰電力を買い取り、顧客や同社グループ各社に販売する、電力の売買サービスを9月から開始すると発表した。また同日、このサービス「スマートハイムでんき」の顧客向け案内を開始した。

将来的にはVPP構築

電力の買取サービスの対象は、セキスイハイム顧客宅のPVの余剰電力。買取予定価格は、「PV+蓄電池付き」の顧客が12円/kWh、「PVのみ」の顧客は9円/kWh。蓄電池による自給自足を応援する価格設定とした。

(※全文:1462文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.