> > P2P電力取引の共同研究 東北電力と東芝エネルギーシステムズが契約締結

P2P電力取引の共同研究 東北電力と東芝エネルギーシステムズが契約締結

東北電力(宮城県仙台市)と東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は4月26日、分散電源住宅用太陽光発電蓄電池)を活用した顧客同士の電力直接取引(P2P電力取引)にかかわる共同研究の契約を締結したと発表した。

この共同研究では、電力系統(配電系統)でのP2P電力取引に関するシミュレーション等を行い、P2P電力取引を実現するためのビジネスモデルや、最適な配電系統の設備形成・運用方法のあり方などについて、2020年3月までの約1年間にわたって検討する。

具体的には、P2P電力取引を成立させるための詳細な取引方法について検討を行い、併せて取引を記録する手段としてのブロックチェーン技術の有効性についても検証する。

また、実際の電力系統(配電系統)を模擬した精緻な検証用モデルを構築したうえで、太陽光発電設備や蓄電池の普及率に応じて取引量を増減させるなどのシミュレーションを行い、配電系統への影響を評価しながら、今後の最適な設備形成や系統運用のあり方について検討する。

(※全文:1577文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.