> > 電力ピーク時、太陽光発電の電気を給湯器で活用 四国電力が遠隔制御の実証開始

電力ピーク時、太陽光発電の電気を給湯器で活用 四国電力が遠隔制御の実証開始

四国電力(香川県高松市)は5月22日、デマンドレスポンス(DR)技術を活用して、家庭に設置された電気給湯器の湯沸かし運転に太陽光発電電力を用いる遠隔制御実証試験を実施すると発表した。

これは気象予報に基づき翌日の四国域内の太陽光発電量を予測し、四国電力グループの四国総合研究所(香川県高松市)が開発したDR技術を用いて、通常、夜間に行う電気温水器やエコキュートの沸き上げ運転の一部を翌日の昼間にシフトするというもの。

具体的には、同研究所から発信する信号を、中継局に経由させ、放送型無線通信により給湯器に設置する受信装置に届かせることで、湯沸かし時間をシフトさせる。

(※全文:986文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.