福島県、燃料電池バス導入に補助金 国の補助金と併用できる

  • 印刷
  • 共有

福島県は6月11日、水素社会の実現を推進するため、燃料電池バスを県内に導入する法人に対し、費用の一部を助成する補助金の公募を開始した。

事業名は2019年度「福島県水素エネルギー普及拡大事業(燃料電池バスを県内に導入する事業)補助金」。水素エネルギーの普及拡大を通じ、将来における水素社会の実現を推し進めることを目的としている。概要は以下の通り。詳細については補助金実施要領などを参照のこと。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報