> > 福島県、燃料電池バス導入に補助金 国の補助金と併用できる

福島県、燃料電池バス導入に補助金 国の補助金と併用できる

福島県は6月11日、水素社会の実現を推進するため、燃料電池バスを県内に導入する法人に対し、費用の一部を助成する補助金の公募を開始した。

事業名は2019年度「福島県水素エネルギー普及拡大事業(燃料電池バスを県内に導入する事業)補助金」。水素エネルギーの普及拡大を通じ、将来における水素社会の実現を推し進めることを目的としている。概要は以下の通り。詳細については補助金実施要領などを参照のこと。

旅客自動車運送事業者、リース事業者が申請できる

補助対象者は以下3つのいずれかに分類されるもの。

(※全文:929文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.