> > 空き家利用の省エネ改修事業に補助金 補助率は2/3

空き家利用の省エネ改修事業に補助金 補助率は2/3

静岡県環境資源協会(静岡県静岡市)は7月16日、空き家となっている戸建などを業務用施設として利活用する事業において、既存設備を改修し省CO2性の高い設備機器を導入するための補助金の公募を開始した。

今回、公募が行われるのは、環境省が推進している「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業)」のうち、既存建築物における省エネCO2改修支援事業メニューである「空き家等における省CO2改修支援事業」。

対象となる事業は、空き家などを業務用施設に改修し、15%以上のCO2削減に資する省エネ・省CO2性の高いシステムや高性能設備機器等を導入するもので、空き家などの所有者である民間企業などが応募できる。

(※全文:1283文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.