再エネ施設への蓄電池補助金、2件目を採択 災害時の電力供給に貢献

  • 印刷
  • 共有

災害時に電力系統の調整力が不足した場合でも、再生可能エネルギーを供給力として稼働可能とするための蓄電池等補助金について、環境共創イニシアチブ(SII)は9月9日、牧野海運(岡山県岡山市)の「北浦太陽光発電所用蓄電システム設置事業」への交付を決定したと発表した。

同発電所の出力1320kWの太陽光発電設備にリチウムイオン蓄電池を設置し、非常時の電力系統への電力安定供給に寄与するもの。同補助金では6月27日に、アフターフィット(北海道白老町)のソーラー発電所(1万9970kW)への交付を決定しており、牧浦海運が2例目となった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報